性病治療薬のクラビット・ジェネリックは通販でこっそり入手するべき

クラビット・ジェネリックとは?

クラビット・ジェネリック(LQuin)は細菌による感染に有効な医薬品です。

インドで有名なシプラ社が開発しており、主にクラミジアや淋病などの性感染症治療に用いられています。日本では未承認ですが、レボフロキサシン錠やクラビットと同じ有効成分を含有しています。

クラビット・ジェネリックにはレボフロキサシン含有量が250mg、500mg、750mgの3種類あり、症状に応じてお選びいただけます。

クラミジアや淋病といった性感染症は細菌が原因で、細菌のDNAが複製されることで増殖し、体に様々な症状をもたらします。

いずれもオーラルセックスを含む性行為によって感染し、男性の場合は排尿時の痛み・かゆみ・違和感、尿道から膿が出るといった症状が現れますが、女性は無症状の場合があります。また、症状は淋病とクラミジアは似ていますが、淋病の方が症状は強く出る特徴があります。

なお、これらの性感染症は放置すると症状が悪化し、他の病気を引き起こす恐れがあるため、早期発見早期治療が必要です。

クラビット・ジェネリックの有効成分であるレボフロキサシンはニューロキノン系の抗菌薬です。

レボフロキサシンには細菌のDNA複製を妨げる作用があります。この作用によって細菌の増殖が食い止められ、殺菌効果を発揮します。

また、クラビット・ジェネリックなどのニューロキノン系抗菌薬は従来の抗菌薬と比べて抗菌力に優れており、幅広い細菌に対する有効性が認められています。これまで治療が困難とされていた難治性の感染症にも高い効果が期待できます。

さらに、レボフロキサシンは副作用が少ないため、ペニシリン系やセフェム系の抗生物質が服用できない方でも使用できます。そのため、現在日本国内では感染症治療薬にレボフロキサシンが多く処方されています。

クラビット・ジェネリックの適応菌

レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、トラコーマクラミジア(クラミジア・トラコマティス)、肺炎クラミジア(クラミジア・ニューモニエ)、アクネ菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、炭疽菌、結核菌、サルモネラ属、大腸菌、赤痢菌、チフス菌、パラチフス菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、プロテウス属、エンテロバクター属、セラチア属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、ペスト菌、コレラ菌、インフルエンザ菌、緑膿菌、アシネトバクター属、レジオネラ属、ブルセラ属、野兎病菌、カンピロバクター属、ペプトストレプトコッカス属、Q熱リケッチア(コクシエラ・ブルネティ)、肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニエ)

クラビット・ジェネリックの飲み方(用法用量)

通常、成人は1回につきレボフロキサシン500mgを服用します。

症状に応じて適宜増減しますが、1日の最大服用量は500mgまでとなります。そのため、750mgをご購入された場合には服用時に分割してください。

なお、腸チフスやパラチフスの場合にはレボフロキサシン500mgを1日1回14日間服用してください。

クラビット・ジェネリック服用に関しての禁止事項、注意点

禁止事項

本剤の成分により過敏症の既往歴がある

そう痒症、血管浮腫、蕁麻疹、発疹などの過敏反応を起こす恐れがあります。

妊娠中、妊娠の可能性がある、授乳中

妊婦への投与は安全性が確立されていません。また、母乳へ成分が移行することが報告されているため、授乳は避けてください。

小児など

乳児や小児へ対する安全性は確立されていませんので投与しないでください。

注意事項

高齢者

レボフロキサシンは腎臓から排泄されますが、高齢者は生理機能が低下しているため、慎重に投与する必要があります。

高度の腎機能障害がある

血中濃度が高い状態が持続するため、慎重に投与する必要があります。

てんかんなどの痙攣疾患がある(既往歴含め)

投与によって痙攣を起こす恐れがあります。

重度の心疾患がある

不整脈や虚血性疾患がある方はQT延長を起こす恐れがあります。

重症筋無力症

症状を悪化させる恐れがあるため、事前に医師へ相談して下さい。

薬剤投与中

フェニル酢酸系又はプロピオン酸系非ステロイド性消炎鎮痛薬、クマリン系抗凝固薬、アルミニウム又はマグネシウム含有の制酸薬等、副腎皮質ホルモン剤は併用注意薬に指定されており、クラビット・ジェネリックとの併用によって体に悪影響を与える可能性があります。

また、他の薬剤投与中の場合も念の為、医師や薬剤師へご相談下さい。

クラビット・ジェネリックの副作用

発疹、じんましん、光過敏症、軟便、下痢、吐き気、めまい、頭痛などが生じる恐れがあります。

また、極稀に重篤な副作用としてショックアナフィラキシー、重度の皮膚障害、痙攣、肝障害、重度の不整脈、などが起こる恐れがあります。

体になにか異変を感じた場合には使用を中止して、医師の診察を受けてください。

クラビット・ジェネリックに関する口コミ

女性 30代

昔から膀胱炎で悩んでいて(最近は落ち着いてますが)、毎回病院で薬をもらいに行ってました。でも今はネットでクラビットジェネリックを買ってるので膀胱炎で病院に行くことはなくなりました!

最初はネットで買うのはどうかな?と思いましたが、バッチリ効きますし安いし最高です(笑)

男性 50代

出番は多くない薬ですが、あると助かります。いろいろな感染症に効きますし、服用すると割とすぐ症状が治まります。

男性 30代

どの症状で飲むかによっても治る期間は違うと思うけど、自分は大体5日で治る

ただ、体調によってはクラビット・ジェネリックを飲むと胃が気持ち悪くなりますが、食後に飲むようにしたら特に気持ち悪さは感じなくなるから食後に飲むのがおすすめ

男性 40代

もともとは扁桃腺が腫れやすいということでこの薬を購入したのですが、先日、お恥ずかしいことに久しぶりの風俗を利用したら病気をもらってしまったみたいで、この薬を飲みました。飲んで3日目くらいから症状は収まり、1週間もすれば完全に治りました。間違いなく今までで一番持っててよかった薬です。

女性 20代

病院で処方してもらうよりもかなり安い!!簡単に買えるし家に万能薬をストックしておけるのが嬉しい(●´ω`●)

クラビット・ジェネリックの購入方法

クラビット・ジェネリックは日本では流通していない医薬品となるため、使用したい場合には個人輸入で取り寄せる必要があります。しかし、現在は個人輸入代行サイトが存在し、国内通販と同様の手順で海外医薬品を注文・受け取りすることができます。

 

なお、クラビット・ジェネリックと同一有効成分を含有する医薬品は病院で処方してもらうことが可能ですが、毎回処方してもらう度に通院が必要です。

ただし、通販(個人輸入)のクラビット・ジェネリックであれば処方箋不要で購入可能なため、事前に備えておくことができます。

海外医薬品には偽物が多く流通していると言われていますが、100%正規品を扱うサイトも多いため、信頼できる通販サイトを利用しましょう。

クラビット・ジェネリックの購入はこちらから

タイトルとURLをコピーしました