性感染症や細菌性感染症に効果的なレボフロックスを正しく使おう

若い世代の人たちを中心に、感染者数が増えている性感染症。

性感染症を引き起こす原因にはさまざまなものがあり、その中で代表的といえるのが細菌です。

細菌が引き起こす性感染症にはクラミジアや淋病があり、どちらも悪化すると不妊症につながるおそれがあります。

パートナーがいる方の場合、パートナーにも感染を広げてしまう可能性が高いので、性感染症が疑われるときは速やかな治療が重要です。

細菌が原因の性感染症には、抗菌薬や抗生物質が多く使われます。

これらの医薬品には、対象となる細菌を死滅させて症状を改善へと導く効果があります。

日本国内だけでなく海外でも多く作られており、その中でも特に知名度が高いといえるのがレボフロックスです。

レボフロックスとは?

レボフロックスは、有効成分にレボフロキサシンという成分を配合した抗菌薬です。

有名な医薬品メーカーであるシプラ社から製造、販売されており、多くの方に選ばれている信頼性の高い医薬品です。

クラビットのジェネリック医薬品なので、安価な価格でクラビットと同様の効果を得ることができます。

服用すると、体内で増殖している細菌に作用し、増殖を抑えることでクラミジアや淋病などの細菌性の性感染症を改善します。

レボフロキサシンは、細菌が持つDNAジャイレースという酵素に影響を与えます。

DNAジャイレースは、細菌が増殖する際にDNAを読み取りやすくさせる働きがある酵素です。

この酵素が正常に働けなくなるよう阻害し、細菌が自分のDNAを複製できないようにし、細胞分裂が行われない状態にします。

このような仕組みによって細菌の増殖を抑え、死滅させて性感染症の症状を改善します。

人の細胞には影響を与えず、細菌のみを狙って死滅させられます。

また、レボフロキサシンの効果は性感染症を引き起こす細菌以外にも発揮されます。

扁桃炎や気管支炎、尿路感染症など、幅広い細菌感染症に対して高い改善効果を期待することができます。

レボフロックスの使い方(用法用量)

1日1回、1~2錠を水やぬるま湯と一緒に服用します。

血中濃度を一定に保つため、なるべく毎日決まった時間に服用してください。

7~14日の連続服用が推奨されているため、途中で症状が収まったように思えても途中で服用を中止せず、7~14日間服用を続けてください。

1日あたりの最大用量は500mgと定められているのでこれを超えないよう注意しましょう。

レボフロックス服用に関しての禁止事項、注意点

レボフロックスを服用できない人

妊娠中や妊娠の可能性がある方、授乳中の方の服用は禁止されています。

また、小児を対象にした臨床試験は行われていないため、小児の方の服用や投与も禁止されています。

痙攣を起こすことがあるので、てんかん等の疾患やその既往歴がある方は服用を控えてください。

重篤な心疾患や重症筋無力症などの症状がある場合も、レボフロックスの服用を避けてください。

レボフロックスとの併用に注意が必要な医薬品

痙攣を引き起こす可能性があるため、フェニル酢酸系またはプロピオン酸系非ステロイド性消炎鎮痛薬との併用には注意しましょう。

また、アルミニウムやマグネシウムを含んだ制酸薬や鉄薬と併用すると、レボフロックスの効果が弱まってしまう可能性があります。

クマリン系抗凝固薬との併用により、クマリン系抗凝固薬の作用を強めてしまうので注意が必要です。

ほかにも、QT延長を起こす可能性がある医薬品との併用にも気をつけましょう。

レボフロックスを服用する前に…

症状がおさまったように見えても、細菌の活動が抑えられているだけで完治したわけではない可能性があります。

自己判断で服用を中断すると再発したり、耐性菌を出現させたりしてしまうおそれがあります。

原則として感受性を確認して、治療上必要な最小限の期間の投与にとどめてください。

長期投与が必要な場合は、経過観察を十分に行いましょう。

 

まれなケースですが、精神変調や意識障害を起こすことがあると報告されています。

車の運転や危険を伴う機械の操作、高所での作業を行う際は、十分注意してください。

大動脈瘤や大動脈解離を引き起こす可能性があるため、観察を十分行い、腹部や胸部、背部に痛み等の症状があらわれた場合はただちに医師の診察を受けてください。

レボフロックスの副作用

不眠症やめまい、頭痛、全身のほてり、胃痛などが報告されています。

他にも下痢や悪心、白血球数減少、ALT上昇、発疹や蕁麻疹などの症状があらわれることもあります。

 

重篤な副作用では、皮膚や粘膜の障害、痙攣、不整脈、腎障害、肝障害、末梢神経障害、大動脈瘤、大動脈解離などの症状が報告されています。

そのほかに副作用と思われる症状があらわれた際は、速やかに服用を中止してかかりつけの医師の診察を受けてください。

レボフロックスに関する口コミ

女性 20代

膀胱炎になりやすいので、もともとその対策に購入して手元に置いていました。

つい最近クラミジアかも?という症状が出てきたので、試しに服用してみたら綺麗に治りました!

性感染症、完全に防ぐのはちょっと難しいから、常備薬として用意しておくと安心だと思います!

女性 40代

先日、付き合いで風俗遊びをしたところ、淋病に感染・・・。

嫁に移す前に治さないとという一心で、慌てて購入して飲みました。

飲み始めてから短期間で治りました・・・風俗遊びはもう懲り懲りです・・・。

男性 50代

正しい方法で飲んでいたはずですが、効いてくるまで異様に時間がかかりました。

自宅に届くのも時間がかかったので、リピートするかは正直微妙です。

女性 30代

交際相手がどこかからもらってきたみたいで、またクラミジアになったので今回も購入させてもらいました。

今、一緒にレボフロックスを飲んで治療しています。今回もお世話になりました。

男性 20代

出会い系アプリで出会った子といい感じになったら、まさかの性病持ちというオチ・・・。

病院に行くのも恥ずかしかったので通販で買って飲みましたが、全然効き目がありませんでした・・・踏んだり蹴ったりです。

レボフロックスの購入方法

レボフロックスのもとになったクラビットは、病院で処方してもらうことができます。

しかし、そのジェネリック医薬品であるレボフロックスは、日本ではまだ未認可の医薬品です。

病院やクリニックで処方してもらうのは難しい面があり、日本国内でレボフロックスを手に入れるのは困難といえます。

 

レボフロックスが必要なときは、個人輸入代行の通販を利用しましょう。

個人輸入代行の通販では、海外で販売されている商品を通販感覚で手に入れることができます。

この方法なら通常よりも安い価格でレボフロックスを手に入れられるので、薬代の節約にもなります。

違法性の心配もなく、どなたでも簡単にレボフロックスを購入できるのが魅力です。

レボフロックスの購入はこちらから

タイトルとURLをコピーしました