あらゆる感染症対策にはお得に手に入るジスリンが効果的

性感染症をはじめとした感染症は、数ある病気の中でもかかる可能性が高い病気です。

細菌性の感染症は、症状を引き起こす細菌が体内に入り込み、増殖することで引き起こされます。

その中でも、性感染症ははっきりとした自覚症状があらわれにくいものが多く、気付かないうちに感染を広げてしまうこともある厄介な病気です。

ジスリンとは?

ジスリンは、そんな厄介な性感染症に効果的な抗菌薬の1つです。

世界的に有名な抗菌薬であるジスロマックのジェネリック医薬品で、ジスロマックよりもリーズナブルな価格で手に入れることができます。

アレルギーが生じにくいという特徴があり、ペニシリン系やセフェム系などの抗生物質に対しアレルギー反応を示したことがある方でも安心してお使いいただけます。

クラミジアや淋病といった代表的な性感染症に効果的で、これらの症状の原因になっている細菌を死滅させて症状を改善します。

ジスリンに配合されている有効成分は、アジスロマイシンという成分です。

マクロライド系という種類に分類される成分で、幅広い細菌を死滅させることができます。

細菌が持つリボソームという器官に作用する性質があり、リボソームが正常な働きができないよう阻害します。

リボソームの働きが阻害されると、そこで行われていたタンパク質の合成が正常に行われないようになり、細菌の細胞分裂が抑えられます。

このように、細胞分裂そのものを行えなくすることで細菌の増殖を抑え、性感染症の症状を改善へと導きます。

また、アジスロマイシンには抗菌作用のほかに抗炎症作用もあります。

免疫調整作用もあるといわれており、免疫機能の働きを調節しつつ、患部で発生している炎症を抑える効果も発揮します。

原因となる細菌を死滅させるのと同時に炎症も抑えることで、効果的に症状を改善できるのが魅力です。

抗菌作用以外にもこのような働きがあるため、性感染症だけでなく、咽頭炎や副鼻腔炎、気管支炎などの症状にも適しています。

ジスリンの使い方(用法用量)

1日1回、1回あたり500mgを水やぬるま湯と一緒に3日間服用します。

子宮頸管炎や尿道炎に対して使用する場合、1日1回、1回あたり1000mgを水やぬるま湯と一緒に服用してください。

血液中での濃度を一定に保つため、なるべく毎日決まった時間に服用することが推奨されています。

効果は服用後、7日間持続します。

ジスリン服用に関しての禁止事項、注意点

ジスリンを服用できない人

妊娠中の方や妊娠の可能性がある方、授乳中の方は服用しないでください。

過去にマクロライド系抗菌薬や、ケトライド系抗菌薬に対してアレルギー反応を示したことがある方は服用が禁止されています。

該当する方は、ジスリンを服用しないようにしてください。

ジスリンの服用に注意が必要な人

肝機能を悪化させるおそれがあるため、高度な肝機能障害のある方は慎重に服用してください。

QT延長や心室性頻脈を起こすことがあるので、心疾患のある方も同様に慎重に服用してください。

ジスリンとの併用に注意が必要な医薬品

最高血中濃度を低下させるおそれがあるため、水酸化アルミニウムや水酸化マグネシウムを含んだ制酸薬との併用には注意してください。

抗凝固薬の作用を強めてしまうおそれがあるので、抗凝固薬との併用にも注意が必要です。

また、免疫抑制薬と併用することによって、免疫抑制薬の最高血中濃度が上昇したり半減期が延長したりして効き目に影響を与えてしまうおそれがあります。

ジゴキシン中毒があらわれる可能性が高まる可能性があるので、強心薬との併用にも注意しましょう。

ジスリンを服用する際の注意点

飲み忘れがあった場合は、気付いた時点ですぐに忘れていた分を服用してください。

ただし、次の服用時間が近い場合は服用を控え、2回分を一度に服用しないようにしてください。

意識障害やめまいが生じるおそれがありますので、車の運転や危険を伴う機械の操作、高所での作業を行う際は十分注意してください。

 

また、中毒性表皮壊死融解症や皮膚粘膜眼症候群などの症状があらわれることがあります。

組織内半減期が長いことから、副作用の治療中止後に再発する可能性があるので気をつけてください。

ジスリンの副作用

胃痛や下痢、吐き気、嘔吐、蕁麻疹などが報告されています。

ほかにも、かゆみや光線過敏症、皮膚乾燥、腹痛などの症状があらわれることもあります。

 

重篤な副作用では、発疹や水ぶくれ、口の中のただれ、中毒性表紙壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群などがあらわれる可能性があります。

といった症状があらわれることもあります。

その他、副作用と思われる症状がみられた際は、速やかに服用を中止してかかりつけの医師の診察を受けてください。

ジスリンに関する口コミ

男性 50代

この歳になっても風俗遊びがやめられず、ジスリンは何かあったときのために常備しています。

個人的にはクラビットよりも効いている気がしますし、値段もジスリンのほうが安いのでこれからもジスリンを愛用する予定です。

女性 20代

彼氏からクラミジアを移されて、その治療をするときに飲んでみました!

海外のお薬ってなんか不安もあったんですけど、ジスリンはあんまり不安にならずに飲めました!

効き目も抜群なので、これからも常備薬として買っておこうかなと検討してます!

男性 40代

ジスロマックのかわりに飲みましたが、効き目が弱い。

海外の薬だから強いくらいかもと身構えてましたが、全然そんなことはありませんでした。

正直、病院でもらうジスロマックのほうが効いているように思いました。

値段が安いのもいいなと思って購入を決めましたが、もう買いません。

女性 20代

風俗で働いているので、自己管理のため定期的にリピ購入してます。

通販なら病院に行かなくても簡単に買えますし、まとめ買いも簡単にできちゃいます。

男性 20代

なかなか効いてこない。そのうえ、副作用もつらい。

飲むたびにしんどい思いをするから飲むのをやめました。

ジスリンの購入方法

ジスリンは、医療機関よりも個人輸入代行の通販を利用するのが一番です。

ジスリンのもとになったジスロマックは、日本国内で承認を受けているため、病院で処方してもらうことができます。

しかし、ジスリンをはじめとした海外の医薬品は、日本国内ではまだ認可されていないものが多くあります。

ジスリンもそういったものの1つなので、医療機関で処方してもらうのは困難です。

個人輸入代行の通販では、日本ではまだ認可されていない海外の医薬品も通販感覚で購入できます。

利用する際に難しい知識が要求されることもなく、必要な手続きは業者側で全て行ってくれます。

どのような方でも自宅から簡単にジスリンを手に入れられるうえ、値段も安くなるのでお得です。

ジスリンの購入はこちらから

タイトルとURLをコピーしました