アソコのムズムズはフォルカンなら一発撃退!さらばカンジダ

フォルカンとは?

フォルカンは真菌による感染症に有効な医薬品です。

日本未承認の医薬品ですが、日本国内で処方されているジフルカンと同一有効成分を含有するジェネリック医薬品で、主にカンジダの治療や予防に用いられます。

内服薬は体の内側から効果を発揮するため、外用薬と比べて高い効果を実感できます。また、フォルカンにはフルコナゾール150mgと200mgの2種類があり、症状に応じてお選びいただけます。

カンジダとはカビの一種である真菌による感染症です。カンジダ菌は健康状態が良好な皮膚や粘膜に存在している常在菌ですが、抵抗力が低下することでカンジダ菌が過剰に増殖し、カンジダ膣炎や外陰腟炎などを引き起こします。なお、発症すると陰部にかゆみや痛みが生じます。

 

カンジダ菌による感染症は抗真菌薬で症状を改善することができます。

フォルカンの有効成分であるフルコナゾールはアゾール系抗真菌薬に分類され、カンジダ症をはじめとする深在性真菌症に有効です。

アゾール系の抗真菌薬の効果に関してはさほど強くありませんが、副作用が少ないため安心してお使いいただけます。

フルコナゾールは真菌の細胞膜の生合成を阻害する作用があります。この作用によって真菌の増殖が抑えられ、抗菌作用を発揮します。

フルコナゾールの有効性に関しては、過去に行われた膣カンジダ症治療の臨床試験で1ヶ月以内に95.5%の患者が症状消失もしくは改善したという結果が報告されています。

また、従来の抗真菌薬は血中半減期が短く6日間連続で服用しなければなりませんでしたが、フォルカンは血中半減期が長いため1回の投与で高い効果を得られます。

また、フォルカンは発症しているカンジダ症の改善だけでなく、再発予防効果もあります。そのため、再発を繰り返している方に最適です。

フォルカンを製造販売しているのはインドに本社を構えるシプラ(Cipla)社です。

シプラ社は1935年創業のインド国内で知名度の高い製薬会社で、現在では80カ国以上の医療機関や保健省に製品を提供している信頼できる製薬会社です。

フォルカンの飲み方(用法用量)

フォルカンは疾患によって用法用量が異なります。

カンジダ症

1日1回、1回50mg~100mgを水やぬるま湯と一緒に服用します。なお、重症や難治性真菌感染症の場合には1日400mgまで増量できます。

服用は1回のみ、基本的に追加服用の必要はありません。

カンジダ属に起因する膣炎や外陰腟炎

1日1回、1回1錠(150mg)を水やぬるま湯と一緒に服用します。

服用は1回のみで基本的に追加服用の必要はありません。

クリプトコッカス症

1日1回、50mg~200mgを水やぬるま湯と一緒に服用します。なお、重症や難治性真菌感染症の場合には1日400mgまで増量できます。

カンジダ症の再発予防

はじめの3回は72時間毎に1回服用します。4回目以降の服用は1週間に1回服用してください。

フォルカン服用に関しての禁止事項、注意点

禁止事項

本剤の成分により過敏症の既往歴がある

投与によって過敏反応が現れる恐れがあるため、使用できません。

妊娠中もしくは妊娠している可能性がある女性

投与によって催奇形性を疑う症例があるため、妊娠の可能性を含め妊婦は使用しないでください。また、成分は母乳へ移行するため、授乳中の投与も禁止です。

併用禁忌に当たる薬剤投与中

相互作用によって健康に悪影響を与える可能性があるため、次の薬剤投与中の方は使用できません。

トリアゾラム、エルゴタミン、ジヒドロエルゴタミン、キニジン、ピモジド、アスナプレビル、ダクラタスビル、アスナプレビル、ベクラブビル、アゼルニジピン、オルメサルタン、メドキソミル、アゼルニジピン、ロミタピド、ブロナンセリン

注意事項

腎障害がある

血中濃度が持続するため、投与する際は用量を減らすか投与間隔をあけてください。

肝障害がある

肝障害の症状を悪化させる恐れがあります。

心疾患や電解質異常がある

心室頻拍、QT延長、心室細動、房室ブロック、徐脈などが生じる恐れがあるため慎重に投与し、定期的に心電図検査を行なってください。

ワルファリン投与中

ワルファリンとの併用によってワルファリンの作用が増強します。

また、その他にも併用に気をつけるべき薬剤があるため、服用中の薬剤がある方は事前に医師や薬剤師へ相談してください。

フォルカンの副作用

食欲不振、腹痛、吐き気、下痢、発疹、肝機能値の異常などが現れる恐れがあります。

また、極稀に重篤な副作用としてショックアナフィラキシー、重度の皮膚障害、旧星人夫人、重度の肝障害、高カリウム血症などを引き起こす恐れがあります。

なにか異変を感じた場合には使用を中止し、医療機関を受診してください。

フォルカンに関する口コミ

女性 20代

もう何回フォルカンを飲んだかわからないくらい私はお世話になってます!カンジダにならないように気をつけてはいるんですが、とくに暑い時期は再発しやすいですね・・・。でも、ネットで薬を買うようになってからはカンジダっぽくなっても薬を飲んだら、かゆいのはなくなります。ほんとに素晴らしいお薬だと思います♪

女性 30代

膀胱炎も膣炎もなりやすいので手放せないお薬です。安い、よく効く、大容量なのがお気に入りポイントです。

男性 20代

去年爪水虫になって、片っ端からいろんな薬を試しましたがどれも効果はイマイチってことでフォルカンを試したら順調に回復して、今はすっかり治りました!自分と同じ症状で悩んでる人はまじで使ってみてほしいっす

女性 20代

疲れが溜まったら必ずと言っていいほどアソコに違和感が出て、おりもののニオイも強くなります。前までは病院行ってたんですけど、今はもっぱら通販です。

わたしはもったいないので予防では使ってませんが、1錠飲むだけで治ってくれるのでかなり助かってます。

男性 40代

カンジダというのは女性に多いようですが、2年前に発症しました。はじめはちゃんと洗えてなかったのかな?と思っていたのですが、いくらきれいに洗っても痒みは治まらず、湿疹のようなものが出てきたので病院へ。するとカンジダと言われ、もらった薬を飲んだら治まったのですが、先日怪しい症状が出たので通販でフォルカンを買って即服用。無事悪化することなく今に至ります。

フォルカンの購入方法

フォルカンはカンジダ症治療に有効な内服薬で、日本では未承認のため病院では処方してもらうことができません。

しかし、個人輸入代行サイトを利用することによって、海外から簡単に取り寄せることが可能です。

海外からの発送となるので当然届くまでに時間はかかってしまいますが(目安2週間)、処方箋不要で購入可能、医療費を節約できる、時間を有効活用できるなどのメリットがあります。

また、カンジダなどの感染症は再発しやすいですが、病院では予防として薬は処方してもらえません。しかし、個人輸入の通販サイトであれば事前に予備分のフォルカンを購入しておくことができるので、症状が現れた際に早期治療が可能です。

症状によっては病院の受診が必要ですがカンジダは薬さえ服用すれば改善するため、時間と費用を節約できる個人輸入がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました