バルトレックス通販があれば、辛いヘルペスも気にならない!

頻繁に性器ヘルペスを再発しているという場合、バルトレックスを継続服用して再発抑制する必要があります。

服用するタイミングは性器や肛門周辺に違和感が現れた時です。感覚は人によっても違いますが、一般的にはピリピリとした感覚と言われています。こうした症状が現れた場合にはすぐにバルトレックスを服用しましょう。

また、再発防止でバルトレックスを使用する場合には、1日1回500mgを服用してください。

1日1回500mgで改善されない場合には、1日1回1000mg、1日2回250mgに変更します。

服用期間は個人差がありますが、8週間〜1年間となります。

継続期間は自分で判断できないため、病院で相談するようにしましょう。

 

また、再発防止のためにはバルトレックスの服用とともに、性行為時には必ずコンドームを付けるようにしましょう。

 

性器ヘルペスの再発を防止するためには、早期の服用と継続が重要です。

病院では必要な量しか処方してくれませんし、毎回病院へ行くのも煩わしいです。

通販を活用すればストレスなく安価にバルトレックスを手に入れることができるので、再発を予防したい方は予備用に通販を利用してみてはいかがでしょうか。

 

バルトレックスを通販で購入するときのポイント

バルトレックスは個人輸入代行という通販同様のサービスを利用すれば、病院へ行かなくても自分で購入することができます。

非常に便利なサービスですが、利用する際にはポイントがあります。

・届くまで約2週間かかる

一般的な通販は注文後早くて2日ほどで届きます。

しかし、個人輸入の場合には海外から商品を発送するため、時間がかかってしまいます。

利用する通販サイト、発送国によっても届くまでの期間は異なりますが、約2週間ほどかかりますので気をつけましょう。

 

悪質なサイトもあるので注意

バルトレックスなどの海外医薬品を取り扱っている通販サイトの中には悪質な業者もいます。

こうした業者を利用してしまうと、個人情報漏洩、偽物が届く、入金後商品が届かない…などのトラブルが生じる可能性が出てきます。

個人輸入は自己責任での利用が基本となりますので、何かあっても助けを求めることはできません。そのため、注文する通販サイトは信頼できるサイトを見つけましょう。

 

個人輸入にもルールがある

個人輸入は国で認められているものですが、利用上のルールがあります。例えば、購入者本人以外の使用目的での購入NGというルール

これは、家族や恋人なども含みますし、通販で購入した医薬品を転売することも当然NGです。自分が利用する分だけしか注文できないので気をつけましょう。

また、他にも購入できる限度が決められている、輸入を禁止されている医薬品は購入してはいけないなどのルールもあります。

ただ、個人輸入代行サイトでは輸入禁止の医薬品は取り扱っていませんし、サイト内には利用上の注意が記載されています。

さほど気をつけなければならない事はありませんが、念のために覚えておきましょう。

 

バルトレックス通販をお考えの方に

一度発症すると何度も繰り返す厄介なヘルペス。そんなときに通販で治療薬のバルトレックスを購入しておけば、速やかに対処できるようになります。

 

医薬品を通販で購入するのは心配、そんな方は病院でバルトレックスの服用方法をきちんと教えてもらった上で通販を利用すると良いでしょう。

また、利用する通販サイト選びで悩んでいるという方は、こちらの通販サイトをおすすめします。

こちらの通販サイトはとても見やすいですし、ネットが苦手な方のために電話での注文も可能です。

バルトレックス以外のヘルペス治療薬も多数取り扱っていますので、予算や症状に合わせて選ぶことができます。

バルトレックスの購入はこちらから

タイトルとURLをコピーしました